ホワイトボード
加速度センサを使用した自転車の挙動認識
後藤 秀信
自転車専用道路等の整備が十分になされておらず、自動車におけるウィンカなどの行動意思を示す表示は自転車には無く周囲は挙動を判断しづらい。特に夜間における走行においてはこの様なことから自動車との接触する可能性があり非常に危険である。よって本研究ではこれらの問題を解決する為に、自転車の運転者が追い抜き等の動作をする際、自転車の挙動の様子を通知する必要システムを実装した。


ホワイトボード
自動演奏におけるマルコフモデルとベイジアンフィルタを用いた音のパラメータ操作
橋本 文人
近年、打ち込みと言われる自動演奏をコンサートに取り入れているアーティストが増えてきている.打ち込みとは、前もって演奏情報を入力しておいて、それを再生することで演奏を実現させる手法である.打ち込みを取り入れたアーティストの中には、流れている打ち込みの音のパラメータを変化させるという演出を行っているアーティストもいる.我々はその演出手法に着目し、計算機による音のパラメータ操作を実現する方法を提案する.


ホワイトボード
創作活動を支援するためのデータ管理システムの構築
西原 将平
近年、主にインターネットの発展により、自らが創作した作品を公開できる環境が急速に整い、それに伴い創作に関わる人口も増加傾向にある。小説の執筆もそういった創作活動のひとつであるが、一つの物語を形にするのは容易なことではなく、様々な要因から作者のモチベーションが保てずに、完結前に更新が停止してしまうケースも数多く存在している。本研究では、執筆活動を行う上で煩雑になりやすいものであるデータの管理についてアシストを行い、創作活動を支援するためのシステムを構築する。

ホワイトボード
タイトル未定
程 帥
拡張現実は人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境である。近年、拡張現実技術の応用の分野が広くなりました、そして相関的な技術も成熟した。ARマーカーの認識の範囲を増加と非平面の場所も使えることのために、湾曲ARマーカーの認識方法を研究する。ARマーカーの湾曲のデータを計算したら、曲率の相関の公式で曲げたマーカーは平面なマーカーに還元します。ARマーカーを曲げた様子は二つがある。一つは膨らませて曲げたマーカー、このような曲げたマーカーは一つカメラで撮影したら、撮影の死角がある可能性が高いので、ARマーカーを認識の方法は複数カメラで認識する;二つは凹ませて曲げたマーカー、このような曲げたARマーカーは撮影できる角度が狭いので、ARマーカーを認識の方法は一つカメラで認識する。


ホワイトボード
タイトル未定
山本 将史
作成中


ホワイトボード
タイトル未定
井上 雄介
作成中